有料道路の料金がお得

有料道路を走行するときは、ETCを搭載したほうがお得です。

まず、時間が特になります。
料金所をノンストップで行けますので、料金の支払いでいちいち料金所で止まる必要がなくなります。

そして、割引料金制度がある事です。
非搭載車は、料金所で正規料金を支払わないといけません。
しかし、ETC搭載車は割引時間帯がありますので、それを狙っていきますと正規料金より安く済みます。
例を挙げれば、関東圏の高速道路で実施されている大都市近郊区間でのETC割引。
さらに、時間帯による割引。深夜割引、通勤割引、早朝夜間割引、平日夜間割引、平日昼間割引、休日特別割引、休日夜間割引と、様々あり利用者の利便性を図っています。

この他にも、ETCマイレージサービスも存在しています。

と、ここまで非搭載車と搭載車では差がありすぎています。設置等に係る初期費用は高いですが、何度か利用すれば充分元を取ることができます。

一昔であれば、ETCの利用実験として結構な料金で高速道路を利用できましたので、あの利用実験で搭載する人が増えたのは事実です。
休日特別割引で上限1000円に設定していたころは、多くの人が高速道路を利用していて、全国各地に旅行しやすかったです。