ETC車載器(アンテナ一体型)

ETCの車載器にはアンテナ一体型というのがあります。これはETCカードを差し込む本体部分にETCアンテナが一体化しているものです。
ETCの普及期にはこの形のものが多く、自動車のダッシュボードの中央に割りと目立つように設置されていましたが、現在は少数派で、アンテナ分離型で小さなアンテナをフロントガラスの内側に貼り付けるタイプが多くなっています。
一体型は電源のケーブルだけを配線すればよく設置が簡単なのが大きなメリットですが、設置できる場所や角度が限定されるので、目立つところに設置しなければならないので、防犯上もあまり有利ではありませんし、場合によっては運転者の視界に入り邪魔になる可能性もあります。

その点アンテナ分離型は小さなアンテナ以外は視界に入るようなところに設置する必要は無く、目立たないところに設置すればよく防犯上も有利です。
現在の製品では安価なものは分離型のほうが多く、一体型はやや高価ですし今はあまり一般的ではないかもしれません。
しかし自分で設置する場合など簡単に設置できると言うこともあり一定の人気があります。利用しない場合は取り外せるようにする場合も一体型のほうが簡単で便利であると言えるでしょう。