ETC車載器(アンテナ分離型)

ETCが普及してくるにつれて、日曜大工の感覚で自分でETCえお取り付けてみようとする方は多いかもしれません。そんな時、アンテナ分離型の車載器であるなら、小綺麗に取り付けることができます。
オーソドックスなスタイルのETCとして一般的ですが、配線さえ決めてしまえば、本体は目のつかないところにしまいこんでおくことができます。
最も良くあるのが、グローブボックスの中に入れてしまうように設置することです。アンテナはバックミラーの裏側にでも貼り付けてしまうなら、ゴテゴテした感じにもなりませんし、パッと見たら取り付け前と後で外観的にはほとんど変わらないかんじにすることができます。

方法は簡単です。だいたいアンテナ分離型のETCはアンテナの線と電源の線との2種類しか、配線の種類がありません。
もっとも、電源の線は複数本であったり、カーナビと連動する配線があったりするタイプの機種も存在します。電源をどこから調達するかは好みの問題ですが、グローブボックス内に設置するのであれば、オーディオの電源から拝借するのが、配線の距離的にも楽かもしれません。
グローブボックスの作りは車種によって異なりますが、パネルの裏側から単純に線を回したり、車種によっては、グローブボックスに配線が通るくらいの穴を開けたりしなければならないかもしれませんが、位置さえ決まれば、後は結線するだけなのでさほど難しい作業でもありません。