コストパフォーマンスが抜群

ETCの装着率は年々増加しています。高速道路をスムーズに出入りできるメリットや割引料金が適用されるメリットなどがあり、初期費用を投資しても元がすぐに回収できます。特に高速道路をよく使う方は必須アイテムの一つです。ところで、ETCを装着するとき迷うのはアンテナ一体型にするか、それとも分離型にするかではないでしょうか。この二つを比較すると、機能はほぼ同じです。違うのは設置場所と価格です。

まず、アンテナ一体型ですが、ETCカードを挿入する機器本体とアンテナが一体になっています。そのために装着が簡単であり、価格が分離型に比べると安い場合が多く、コストパフォーマンスが高いと言えます。しかしアンテナが一体になっているので、設置場所がダッシュボードの上に限られます。ダッシュボードに設置スペースがない場合や、フロントガラスが通信障害を起こすタイプの車の場合はアンテナ一体型ではなく分離型が良いでしょう。

アンテナ分離型は、アンテナとETCカード挿入機器本体は分離しています。通常アンテナをバックミラーの裏側などに取り付け、機器本体はグローブボックス内や目立たないところに取り付けることができます。設置の自由度の高さが分離型のメリットです。